新着情報

2016.12.20

お待たせいたしました!新春スペシャルWS&ミロンガのお知らせ

 ◆新春スペシャルWS‘2017’
 フランスでアルゼンチンタンゴを教える野村宗弘氏(長岡市出身)をお招きし、新春スペシャルWS&ミロンガを開催します。
 
開催日:平成29年1月28日(土)
開催場所:クロスパルにいがた 
     新潟市中央区礎町通3ノ町2086 アクセスマップ(tango-uno-niigata.cloud-line.com/map/

 ◇タイムスケジュール
  ・プライベートレッスン(\5000)
   4F:403 ① 12:30-13:45 ② 14:00-15:15 ③ 15:30-16:45
  ・グループレッスン(\2500)
   5F:交流2    17:30-19:30
  (主なレッスン内容)
   アルゼンチンタンゴのスタイル別の異なる性質と、ミロンゲーロの小回りテクニックについて
  ・ミロンガ(無料)
   5F:交流2    19:30-21:10

野村宗弘氏のプロフィール 新潟県長岡市出身。 
1991年よりフランス在住。 ブエノスアイレス旅行をきっかけにアルゼンチンタンゴを始める。 最初の4年間はフォロワーのみに集中し修練する。 その間、ブエノスアイレス(以後BsAsと明記)のマエストロ方、アウグスト・バリザ一ノ氏、ホルヘ・ヒルポ氏、アウロラ・ルヴィッス女史、クロ一ド・ムルガ女史、グラッシエラ・ゴンザレス女史らより、各人、別種スタイルのフォロワーテクニックのみを学ぶ。 その後、リ一ド習得のため、また、リ一ドはスタイルをミロンゲ一ロスタイルに統一し、音楽性の第一人者とも言われる、国際大会の審査員のひとりであるアナマリア・シャピラ女史を中心にマリア・プラサオラ女史、リッカルド・ヴィケイラ氏などのポルテ一ニョ(現地人の意味)より学ぶ。 また、ベネチィアとBsAs在住のイタリア人マエストロ、マルコ・ガリッツョ一リ氏とクラウディオ・ルベルティ氏からも、リ一ド とフォロワー共に学び続けている。 渡亜は11回、(最近は2016年の11月と12月)BsAs滞在中は各レッスンと、 BsAs中心部のミロンゲ一ロ系のミロンガを中心に(ミロンガ・ルホス、カチルロ、ドミンゴス、エルマイプ等)の常連である。またスタイル別の名ミロンガ(フロレアル、ヴィル一タ、クラブカニングなど)に通う。 ベルリンとBsAsでのクア一タンゴフェスティバルでの客演講師歴5回、フランスを中心にタンゴレッスンを行っている。

アルゼンチンタンゴを新潟で